ドル円買いです

今夕方ポジションは、11万ドルだ。2018年02月22日 木曜日 

c0241996_16473186.png
c0241996_16473965.png
c0241996_16474416.png
c0241996_16475271.png
c0241996_16475970.png
c0241996_16480514.png
c0241996_16483485.png
c0241996_16483943.png
c0241996_16484645.png
c0241996_16485329.png
c0241996_16485941.png



   20180222日 木曜日 今夕方ポジションは、11万ドルだ。

昨日 成り行き利確したので a good job だった。

3口座9000ドル、成り行きで、夕方買った。
根拠は、日経今日の日足 下ヒゲ陰線だ。

① Mo 3727033円となる。(So元は、400だ。)
1
万ドル  108.899円  2018/02/06  火曜日 14:41:51 成り行き買い
3000
ドル  108.580円 2018/02/09   金曜日 08:18:14 指値約定 
3000
ドル  108.509円 2018/02/13   金曜日 13:15:48 指値約定 
3000
ドル  107.338円 2018/02/22   木曜日 17:51:24 成り行き買い

② Cy 2844266円となる。レバレッジ1倍とした。(So元は、300だ。)

5000ドル 成り行き買い 109.111円  2018/02/06 火曜日 17:10:04

5000ドル 108.380円指値約定  2018/02/13 13:36:17 

………………

③ Ra RX  3799880円となる。 (D元は、400だ。) 
1
万ドル   108.921円  2018/02/06  火曜日 14:44 成り行き買い 
3000
ドル  108.580円 2018/02/09 金曜日 08:18  指値約定 
3000
ドル  108.509円 2018/02/13 火曜日 13:15  指値約定  
3000
ドル  107.320円   2018/02/22  木曜日  火曜日 成り行き買い 

④ RAバンク 3684032円 (D元は、400だ。)   

5000ドル 成り行き買い 109.118円  2018/02/06  火曜日 17:12   

5000ドル 108.380円指値約定  2018/02/13 13:36  

………………

⑤ SUバンク 3768485円となる。(MTU元は、400だ。) そのままだ。
1
万ドル  108.898円  2018/02/06  火曜日 14:48:59 成り行き買い
5000
ドル  108.580円 2018/02/09 金曜日 8:18:14  指値約定
3000
ドル  108.509円 2018/02/13 火曜日 13:15:49  指値約定
3000
ドル  107.290円 2018/02/22  木曜日 17:56:37 成り行き買い 

⑥ SBI 3355711円となる。(MTU元は、400だ。)     

5000ドル 成り行き買い 109.186円  2018/02/06 火曜日 17:18:35

5000ドル 108.380円  2018/02/13 火曜日 13:36:16 指値約定   

………………

⑦ Ka  1834412円となる。

1万ドル 成り行き買い 108.787円  2018/02/06  火曜日 15:26    

1万ドル 108.380円 2018/02/13 火曜日 13:36 指値約定  

⑧ Sa 17926円となる。

1000ドル 成り行き買い 109.225円  2018/02/06  火曜日 17:23  




///////////////////////////////////////////////////////////
       



<<< バンク ドル円 買い注文 売り注文 FX   

2017/10/01 日曜日  麻生の数学、ペアで進む等比数列だ。>>>

   20180222日 木曜日 為替は、1500分               

ドル円 107.469円        

ダウ 166.97ドル安の24797.78ドル、日経 234.37円安の21736.44円     

………………………………………

売買代金   売買高    騰落レシオ    PER    EPS   

2.50兆円   13.49億株   87.99     円

………………………………………

ネットストック信用取引指標   2/22   木曜日                                   

信用残速報    信用残(億円)   評価損益率(%)

売り残    302.88    -15.808

買い残    3,072.09   -6.804

倍率         10.143  倍

………………………………………

空売り比率 46.2%    

………………………………………

三菱UFJSRIファンド  No.432  2018/02/22 06:12

FOMC議事録

成長加速で追加利上げの可能性高まると過半数が判断

インフレの目標未達リスクがかなり高いと一部は判断

最近の米経済の景気拡大は、さらなる緩やかな利上げを正当化

ディーラー発 NY 午後 2018222日 木曜日 0528

公表されたFOMC議事要旨は緩やかな利上げ姿勢の継続を示唆する内容となったことから、市場は一時ドル売りで反応。ドル円は10728銭付近まで失速した一方で、ユーロドルは1.2359付近まで水準を切り上げた。しかし、米債利回りの急上昇をきっかけに一転してドル買いに傾斜するとドル円は本日高値に面合わせとなる10789銭付近まで反発、ユーロドルが1.2281付近まで値を崩している。528分現在、ドル円107.765-775、ユーロ円132.490-510、ユーロドル1.22944-952で推移し

………………………………………

東京 午前1046

日経平均が前日比340円超安となったことを嫌気しリスク回避の円買いが強まる展開に。ドル円は米債利回りの上昇が一服したことも重石となり10776銭付近から10715銭付近まで急落。また、クロス円も連れてユーロ円が13156銭付近まで売られ、ポンド円が14902銭付近まで下値を拡げ、豪ドル円が8351銭付近まで水準を切り下げるなど円全面高の様相となっている。1046分現在、ドル円107.213-223、ユーロ円131.654-674、ユーロドル1.22799-807で推移している。

………………………………………

米国株、続落 ダウ166ドル安、FOMC議事要旨受け乱高下

2018/2/22 6:54

21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落した。前日比166ドル97セント(0.7%)安の2万4797ドル78セントで終えた。朝方は短期的な相場の戻りを見込んだ買いが入ったが、午後に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表されると乱高下した。米金利が上昇すると投資家心理が悪化し、売りが優勢になった。

 ダウ平均は前日に250ドルあまり下げたため、短期的な戻りを見込んだ買いが先行した。アマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグル)など成長性の高いネット関連の主力株に買いが優勢になった。

 1月3031日開催分のFOMC議事要旨の公表後は乱高下した。数人の委員が「経済活動や労働市場の拡大が相当な賃金や物価の上昇圧力につながるとの確実な証拠が乏しいと指摘した」と指摘していたことがわかった。利上げペースは緩やかとの見方から、ダウ平均は一時300ドル超上昇した。

 ただ、その後米長期金利の指標である10年物の米国債利回りが上昇(債券価格は下落)し、一時は2.95%と節目の3%に接近した。金利上昇が続けば、株式の投資妙味が薄れるとの見方が広がった。企業の資金調達の重荷となるほか、個人消費にも悪影響が出て米景気改善の足かせになるとの見方も売りを誘った。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落し、前日比16.080ポイント(0.2%)安の7218.228で終えた。マイクロソフトやアップルなど時価総額の大きい銘柄が下げ、指数を押し下げた。

 業種別S&P500種株価指数は全11業種が下落した。「不動産」「エネルギー」「電気通信サービス」などの下げが目立った。

………………………………………


東証大引け 反落、米金利上昇で不安高まる アジア株安も重荷

2018/2/2215:35

 22日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。終値は前日比23437銭(1.07%)安の2万173644銭だった。21日の米株式市場でダウ工業株30種平均など主要な株価指数が下落し、投資家心理が悪化した。海外投資家などが日経平均先物に売りを出した。

 21日公表の1月3031日分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて3月の米利上げが意識された。米長期金利が一時2.95%と約4年1カ月ぶりの高水準を付けた。好景気と低金利が共存する「適温相場」が終わるとの警戒が高まり、株式相場の先行きに対する不安が強まった。

 JR東日本やJTの下落も目立った。市場では、米国債の金利上昇(価格は下落)に伴い外債運用に含み損が出た金融機関による年度末に向けた益出し売りが株価を押し下げたとの見方があった。春節(旧正月)の休暇から再開した中国・上海株以外のアジア市場で株価が軟調なことも日本株の買い控えにつながった。

 東証株価指数(TOPIX)は3日続落し、終値は前日比15.440.88%)安の1746.17だった。JPX日経インデックス400も3日続落し、終値は前日比144.27ポイント(0.93%)安の1万5414.14だった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆5902億円。売買高は134948万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1455と、全体の7割ほどを占めた。値上がりは542、変わらずは69銘柄だった。

 減損処理を計上する可能性が伝わったリコーが大幅安となった。積ハウスと三菱ケミHDが下落し、ANAHDやJFEの下げが大きかった。一方、大塚HDは大幅高だった。NTTや資生堂が高く、T&Dやコンコルディも上げた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


[PR]
by trade328 | 2018-02-22 18:18 | 今ポジションは