ドル円買いです

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年2月12日 休日明けの火曜日 94.183円で、買う

c0241996_20184145.jpg
c0241996_20185116.jpg
c0241996_2019273.jpg




   2013年2月12日 休日明けの火曜日 94.183円で、買う。



② Mo 5000単位 2013年2月12日 休日明けの火曜日 13時56分32秒
94.183円で、買う。もう暫く売りは、するな。



① Cy は、5000単位 93.448円で、買っている。
2013年2月06日水曜日 22時39分25秒に約定していた。
http://trade111.exblog.jp/19236886/





///////////////////////////////////////////////////////////



   2013年2月12日 休日明けの火曜日 日経215円高の11369円だった。

2013年2月12日 休日明けの火曜日 為替は、15時

ダウ21ドル安、日経215円高、 TOPIX 11.15高、MTU 12円高、トヨタ 25円高   
ブリヂスト78円高、 SB 160円高、 ユニクロ 790円高、  コマツ21円高  

ダウ      日経     TOPIX    ドル円    ユーロ円   E-USD  
13971ドル   11369円   968.50    94.05円   125.93円   1.3387  

日経売買高    売買代金   騰落レシオ ドル円60ヶ月MA   ボリバン週足 
41.19億株    2.42兆円   119.84    88.214円       89.683円  
………………………………………

MTU   トヨタ    Br 5108   SB 9984   ユニクロ9983   コマツ  
543円   4920円   2501円    3545円     24860円    2415円  

6.40    1.95     0.87      2.20      0.08      1.14 

   一般信用と制度信用の合算、一週間前のデータだ。





ドル円60ヶ月移動平均 88.214円 ×1.0764= 94.953円、 ×1.10= 97.035円  
MTU  12円高の543円、  信用倍率 6.40
SMBC 130円安の3875円、 信用倍率 2.41   
みずほ 10円高の217円、  信用倍率 8.83   
野村  29円高の558円  信用倍率  5.99    





ドル円  21ボリバン∑    14 ADX             

日足   92.856円      33.697%            
週足   89.683円      79.755%            





ベア1571 90円安、ブル1570 190円高、ETF1321 190円高、
金ETF 45円安、 銀ETF 100円安   、   

ベア1571   ブル1570     ETF1321     金1540    銀1542        

4755円    6060円      11570円     4895円    9110円      

716.28     4.64       1.16       7.32      6.39     





///////////////////////////////////////////////////////////



米国株、小反落しダウ21ドル安 利益確定売り 午後に下げ幅縮小

   11日の米株式相場は小幅に反落した。ダウ工業株30種平均は前週末比21ドル73セント(0.2%)安の1万3971ドル24セント、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は同1.87ポイント(0.1%)安の3192.00でそれぞれ終えた。主な株価指数が直近の高値圏にあり、利益を確定する目的の売りが幅広い銘柄に出た。

 ダウ平均やS&P500種株価指数が5年超ぶりの高値圏にあるほか、ナスダック指数は前週末8日に約12年3カ月ぶりの高値まで上昇していた。11日は注目度の高い米経済指標など売買材料が乏しかったこともあり、ひとまず目先の利益を確定する目的の売りが出た。

 東京市場や中国市場の休場で取引参加者が少なかったことも相場の勢いのなさにつながった。朝方は石油株や素材株の一角に売りが先行した。

 午後にかけて原油先物相場が上げに転じると、石油株などが下げ渋り、株式相場全体も下げ幅を縮めて終えた。

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約5億株(速報)、ナスダック市場は約15億3000万株(同)。業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「エネルギー」や「一般消費財・サービス」など7業種が下落。「金融」などが上げた。

 インターネット検索最大手のグーグルが下落。エリック・シュミット会長が保有する自社株の一部を売却すると前週末に開示し、株式の需給悪化が意識された。大口法人顧客がアップルの「iPhone(アイフォーン)」に乗り換えていると報じられたスマートフォンのブラックベリーも安い。

 スマホ機能を搭載した腕時計型機器の設計に取り組んでいると米紙が報じたアップルが上昇。アナリストが投資判断を引き上げたスポーツ用品のナイキも上げた。





東証大引け、3日ぶり大幅反発 1万1300円台回復 円安が支え
2013/2/12 15:35

   12日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反発した。大引けは前週末比215円96銭(1.9%)高の1万1369円12銭だった。1万1300円台を回復するのは7日以来。米財務次官が安倍晋三政権の経済政策について支持する考えを表明。今週末の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議や今月下旬の日米首脳会談で日本への円安批判が出るとの懸念が後退し、一段の円安観測から輸出株を中心に買いが入った。指数先物にもまとまった買いが入り、相場を押し上げた。

 円相場が午後に入り1ドル=93円台後半まで下げ渋る場面があったが、相場への影響は限られた。甘利明経済財政・再生相が9日の講演で「3月末までに1万3000円を目指す」との見方を示したことが支援材料となった。市場では「実現性はともかく経済政策などへの期待が高まったため、円が下げ渋っても投資家は売りにくくなった」(カブドットコム証券の山田勉マーケットアナリスト)との指摘があった。

 政府は12日正午過ぎ、緊急記者会見を開き「北朝鮮が核実験を実施した可能性が高い」と発表した。北朝鮮も午後に核実験の実施を発表。防衛関連株の一角がにぎわったが、円相場の動きが限定的で株式相場全体への影響は乏しかった。

 東証株価指数(TOPIX)も反発。業種別TOPIXは33業種中28業種が上げた。「証券商品先物」や「ゴム製品」、「医薬品」の上昇が目立った。東証1部の売買代金は概算で2兆4234億円だった。売買高は41億1917万株だった。東証1部の値上がりは840、値下がりは732、変わらずは125だった。

 追加金融緩和観測を背景に、みずほFGや三菱UFJなどメガバンク株が上昇した。株式市場の活況を受け大和や野村といった証券株もにぎわった。12年4~12月期営業益が24%増だったと発表した電通は10%超高い水準まで買われた。業績改善が引き続き好感され、ミツミも堅調だった。ファストリやソフトバンクなど指数への寄与度が大きい銘柄もしっかりだった。13時に12年4~12月期連結純利益が150億円だったと発表した大林組は午後一段高。アステラス、京セラ、ヤフー、Jフロントなども上昇した。

 半面、海外販売に懸念があるとの見方から、いすゞが後場一段安になるなど、自動車株は軟調さが目立った。日産自、マツダ、富士重なども売り優勢だった。JTが朝高後下げに転じるなど、食品株の一角も売られた。住友大阪、太平洋セメも下落。前週末にリストラ策を好感して買われていた富士通は短期的な利益確定の売りに押された。東洋紡やユニチカ、日清紡HDといった繊維株も売られた。 〔日経QUICKニュース(NQN)〕
[PR]
by trade328 | 2013-02-12 20:19

2013年2月10日日曜日 93.103円で売り

c0241996_215723.jpg

c0241996_212338.jpg
c0241996_2125492.jpg




   2013年2月10日日曜日 93.103円で売り、91.913円で、利益確定
SL 94.063円、1000単位、Mo で、注文だ。

2月13日水曜日 15時00分までだ。



///////////////////////////////////////////////////////////    
///////////////////////////////////////////////////////////    
///////////////////////////////////////////////////////////     
///////////////////////////////////////////////////////////    
///////////////////////////////////////////////////////////    

c0241996_2062737.jpg
c0241996_2064390.jpg


   2013年2月12日 休日明けの火曜日 日経215円高の11369円だった。
ドル円 売りで、負けた。迂闊に売るからだ。

93.103円で、売り2013年02月11日  休日月曜日17時54分38秒 約定
94.065円で、買い損切り、2013年02月12日 休日明けの火曜日06時18分10秒約定だ。

962円負けた。売るからだ。売るから、負けるのだ。






///////////////////////////////////////////////////////////



http://usdjpy624.exblog.jp/19765019/

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1008316&tid=8316&sid=1008316&mid=191478&thr=191478&cur=191478

   2013年2月09日土曜日 白川日銀総裁辞任表明で翌日日経大幅高だった。
前日4月8日の任期満了を待たずに3月19日に辞任する意向を表明したので、
2月06日水曜日の市場では、次期総裁の下でより強力な金融緩和策が早期に打ち出される
との思惑が広がり、円が主要通貨に対して売られ、輸出主力株の買いを誘った。

   2013年2月09日土曜日 ユーロを、見ておく。一喜一憂するな。



2013年2月9日土曜日

ダウ48ドル高、日経203円安、 TOPIX 11.83安、MTU 7円安、トヨタ 80円高   
ブリヂスト50円安、 SB 80円安、 ユニクロ 640円安、  コマツ64円安  

ダウ      日経     TOPIX    ドル円    ユーロ円   E-USD  
13992ドル   11153円   957.35    92.66円   123.85円   1.3365  

日経売買高    売買代金   騰落レシオ ドル円60ヶ月MA   ボリバン週足 
42.31億株    2.70兆円   128.20    88.187円       88.589円  
…………………………………………

MTU   トヨタ    Br 5108   SB 9984   ユニクロ9983   コマツ  
531円   4895円   2423円    3385円     24070円    2394円  

6.40    1.95     0.87      2.20      0.08      1.14 

   一般信用と制度信用の合算だ。一週間前のデータだ。





ドル円60ヶ月移動平均 88.187円 ×1.0764= 94.924円、 ×1.10= 97.005円  
MTU  7円安の531円、  信用倍率 6.40
SMBC 45円安の3745円、 信用倍率 2.41   
みずほ 2円安の207円、  信用倍率 8.83   
野村  2円安の529円  信用倍率  5.99    
[PR]
by trade328 | 2013-02-10 21:03

2013年2月06日水曜日 93.448円からの買い下がり

c0241996_2038318.jpg

c0241996_2042417.jpg
c0241996_20425355.jpg



   2013年2月06日水曜日 93.448円からの買い下がりだ。



91.983円      →     94.049円
         2.066円

38.2%押し  93.260円
50.0%押し  93.016円
61.8%押し  92.772円





① Cy 61.7127となる。
93.448円で、5000単位 買い注文だ。



② Sa 4万 6351円だ。
92.772円  1000単位
91.772円  1000単位



③ Mo 61.7055 となる。
92.772円  1000単位
91.772円  1000単位
90.772円  1000単位
89.772円  1000単位
88.772円  1000単位



///////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////

c0241996_13102297.jpg




Mo、Sa 変更だ。


2013年2月11日月曜日 休日




88.055円      →     94.049円
         5.994円

38.2%押し  91.760円  
50.0%押し  91.052円   ← ← ←
61.8%押し  90.344円
76.4%押し  89.470円
1.000押し  88.055円



② Mo 61.7055 となる。
92.772円  1000単位  ← 約定だ。

91.313円   1000単位
91.213円   1000単位
91.113円   1000単位
91.052円   1000単位



③ Sa 4万 6351円だ。
91.313円  1000単位
91.113円  1000単位





///////////////////////////////////////////////////////////



   2013年2月06日水曜日 日経416円高だった。
MTU 13円高だった。みずほ 10円高だった。



2013年2月06日水曜日 為替は、15時  

ダウ99ドル高、日経416円高、 TOPIX 29.12高、MTU 13円高、トヨタ 275円高   
ブリヂスト114円高、 SB 135円高、 ユニクロ 970円高、  コマツ74円高  

ダウ      日経     TOPIX    ドル円    ユーロ円   E-USD  
13979ドル   11463円   968.82    93.888円   127.365円  1.3565  

日経売買高    売買代金   騰落レシオ ドル円60ヶ月MA   ボリバン週足 
46.16億株    4.61兆円   139.78    88.203円       88.549円  
…………………………………………

MTU   トヨタ    Br 5108   SB 9984   ユニクロ9983   コマツ  
533円   4815円   2480円    3515円     25200円    2495円  

6.92    2.08     0.96      3.63      0.13      1.50 

   一般信用と制度信用の合算だ。一週間前のデータだ。





ドル円60ヶ月移動平均 88.203円 ×1.0618= 93.653円、 ×1.0764= 94.941円  
MTU  13円高の533円、  信用倍率 6.92
SMBC 70円高の3830円、 信用倍率 2.53   
みずほ 10円高の202円、  信用倍率 9.38   
野村  3円高の517円  信用倍率  5.99    





ドル円  21ボリバン∑    14 ADX             

日足   91.646円       28.708%            
週足   88.718円       75.667%            





//////////////////////////////////////////////////////////



米国株、反発 ダウ99ドル高、欧州景況感指数の改善で デル高い
2013/2/6 7:17

  5日の米株式相場は反発した。ダウ工業株30種平均は前日比99ドル22セント(0.7%)高の1万3979ドル30セントで終えた。ユーロ圏の景況感を示す指標が改善し、欧州景気に対する懸念が後退。投資家が運用リスクを取りやすくなり、米市場でも買いが広がった。

 1月のユーロ圏の購買担当者景気指数(PMI)改定値が市場予想を上回り、欧州株が上昇。ダウ平均は前日に大きく下げたこともあり、短期的な戻りを期待する買いも入った。上げ幅は一時133ドルまで拡大した。

 ただ、相場は取引終了にかけてやや伸び悩んだ。ダウ平均は約5年4カ月ぶりの高値圏まで上昇。過熱感を警戒する雰囲気もあり、利益確定売りも出やすかった。

 IT(情報技術)関連の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比40.41ポイント(1.3%)高の3171.58で終えた。

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約7億株(速報)。ナスダック市場は約20億9000万株(同)だった。業種別S&P500種株価指数は全10業種が上昇し、「IT」や「ヘルスケア」の値上がりが目立った。

 MBO(経営陣が参加する買収)を発表したITのデルが上昇。同業のヒューレット・パッカード(HP)もつれ高した。

 増配や追加の自社株買いを発表したクレジットカードのマスターカードが上げた。決算が収益の改善を示した食品のケロッグも上昇した。

 一方、出版・情報サービスのマグロウヒルが大幅に下げた。金融危機前に住宅ローン担保証券に不当に高い格付けを与えていたとして、米司法省が傘下の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)を提訴。潜在的な損失への警戒感から売りが広がった。S&Pの同業であるムーディーズ・インベスターズ・サービスも下げた。





東証大引け、大幅反発でリーマン後高値 円安加速で幅広く買い、トヨタなど高値更新
2013/2/6 15:34

   6日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発した。終値は前日比416円83銭(3.77%)高の1万1463円75銭と、リーマン・ショック後の高値を更新。2008年9月29日以来、約4年4カ月ぶりの高水準まで上昇した。上げ幅は11年3月16日(488円57銭)以来、約1年11カ月ぶりの大きさだった。円安加速や前日の欧米株式相場の上昇を受けて朝方から買いが先行。東京外国為替市場で対ドルでの円相場が一時1ドル=94円台まで下落したことで、主力株などへの買いの勢いは増し、日経平均先物への大口買いもあって、上げ幅を広げた。東証1部の時価総額は334兆2566億円と、10年4月27日以来の高水準となった。

 日銀の白川方明総裁が前日夕、4月8日の任期満了を待たずに3月19日に辞任する意向を表明。市場では、次期総裁の下でより強力な金融緩和策が早期に打ち出されるとの思惑が広がり、円が主要通貨に対して売られ、輸出主力株の買いを誘った。前日の欧米株式相場が上昇したことも、前日にやや悪化していた投資家心理の改善につながり、幅広く買われる一因になった。日経平均先物に大口の買いが入り先物主導で上げ幅を拡大する場面も目立った。終盤に日経平均は一時1万1498円まで上げ幅を拡大。取引時間中として08年9月30日以来の高値を付ける場面があった。
 市場では「海外のヘッジファンド勢を中心に投機マネーの流入が増えている」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員)と、日本株への一段の資金流入を指摘する声があった。今週末に株価指数オプション・ミニ先物2月物の特別清算指数(SQ)算出を控えて「先物への思惑的な買いも増えており、短期的には調整も入りやすい」との見方も多く、大引け間際には利益確定売りが出て上げ幅をやや縮小した。

 輸出採算の一段の改善期待から前日に2013年3月期の業績予想を上方修正したトヨタをはじめ主力株の多くが大幅に上昇し、昨年来高値を更新した。金融緩和の恩恵を受けやすいとの見方から証券・銀行株にも買いが向かった。内需株も総じて上昇した。

 東証株価指数(TOPIX)も昨年来高値を更新。2011年2月21日以来、約2年ぶりの高水準だった。業種別TOPIXは33業種全てが上昇。「海運業」「輸送用機器」などの上げが目立った。

 東証1部の売買代金は概算で2兆8191億円と2011年3月16日以来の多さだった。売買高は46億1684万株。東証1部の値上がり銘柄数は全体の約80%にあたる1366、値下がり銘柄数は238、変わらずは94だった。
 ファストリ、ソフトバンク、京セラ、ファナックなど日経平均への寄与度の大きい銘柄が軒並み上昇した。キリンHD、コマツ、クボタ、大和も高い。三菱重、富士重など取引時間中に業績見込みを上方修正した銘柄も買われた。一方、荏原、三菱自、良品計画、東京精が下落した。 〔日経QUICKニュース(NQN)〕
[PR]
by trade328 | 2013-02-06 20:39

2013年2月03日日曜日 93.413円、93.713円で、売り

c0241996_1011325.jpg




   2013年2月03日日曜日 93.413円、93.713円で、売りだ。





<<<
91.786円      →      92.952円
         1.166円

38.2%押し  92.506652円 
61.8%押し  92.2313円  
91.483円で、買い注文だ。

しかし、買いは、今は、するな。  >>>





ドル円の直近レジスタンスとしては
93円00銭(バリアオプション)
93円07銭(2010年5月14日高値)、
93円20銭(2010年5月7日高値)

93円25銭(バリアオプション)、
93円27銭(2010年5月12日高値)
93円37銭(2010年5月11日高値)、
93円52銭(2010年5月10日高値)
93円64銭(2010年5月13日高値)
93円97銭(2010年5月6日高値)を意識しておきたい。



① Cy だ。今 61万8147円 - 947円 = 61万7200円だ。利益は、1万7200円あるので、
93.413円  1000単位 売りだ。SL今回付けず。利益90.313円だ。
93.713円  1000単位 売りだ。SL今回付けず。利益90.313円だ。



② Mo  負けを入れて 今 61.7133だ。
94.9800円が高値だ。売りあがりだ。
94.813円  1000単位
96.913円  1000単位
98.913円  1000単位
100.913円  10000単位



<<<
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1008306&tid=8306&sid=1008306&mid=344651&thr=344651&cur=344651

124.151円      →       75.287円
          48.864円

61.8%戻し  105.485円
50.0%戻し  99.719円
38.2%戻し  93.953円   55/144    >>>






///////////////////////////////////////////////////////////



http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1008316&tid=8316&sid=1008316&mid=191377&thr=191092&cur=191092&dir=d

   2013年2月02日土曜日 日経 続伸、FOMCあり、米雇用統計良好だった。



2013年2月02日土曜日 米雇用統計後  

ダウ149ドル高、 日経52円高、TOPIX 2.40高、 MTU 6円安、トヨタ 130円高 
ブリヂスト12円高、 SB 185円高、 ユニクロ 770円高、コマツ35円高  

ダウ      日経     TOPIX    ドル円    ユーロ円   E-USD  
14009ドル  11191円    942.65    92.69円   126.52円   1.3648  

日経売買高    売買代金   騰落レシオ ドル円60ヶ月MA   ボリバン週足 
36.90億株    2.32兆円   141.14    88.188円       87.599円  
…………………………………………

MTU   トヨタ    Br 5108   SB 9984   ユニクロ9983   コマツ  
515円   4495円   2405円    3445円     24850円    2470円  

6.92    2.08     0.96      3.63      0.13      1.50 

   一般信用と制度信用の合算だ。一週間前のデータだ。





ドル円60ヶ月移動平均 88.188円 ×1.0500= 92.597円、 ×1.0618= 93.638円  
MTU  6円安の515円、  信用倍率 6.92
SMBC 15円安の3655円、 信用倍率 2.53   
みずほ 1円高の184円、  信用倍率 9.38   
野村  14円安の512円  信用倍率  5.99    





ドル円  21ボリバン∑    14 ADX             

日足   90.570円       29.829%            
週足   87.599円       72.205%            





ベア1571 40円安、ブル1570 70円高、ETF1321 70円高、
金ETF   15円高、 銀ETF 90円安   、   

ベア1571   ブル1570     ETF1321     金1540    銀1542        

4840円    5700円      111400円     4850円    9070円      

227.08     5.37       1.93       8.57       6.18
[PR]
by trade328 | 2013-02-03 10:12

2013年2月1日金曜日 雇用統計前

c0241996_19443560.jpg
c0241996_19445191.jpg





   2013年2月1日金曜日 雇用統計前



88.055円       →     92.281円
          4.226円

50.0%押し  90.168円
61.8%押し  89.669円
76.4%押し  89.052円
1.000押し  88.055円



今 21日線 89.275円



① Cy
89.669円で、買い 5000単位

② Sa
89.669円で、買い2000単位

③ Mo
89.713円   2000単位
89.052円   2000単位
88.013円   1000単位



c0241996_7204661.jpg
c0241996_721088.jpg
c0241996_7212566.jpg
c0241996_7212957.jpg
c0241996_7215913.jpg





///////////////////////////////////////////////////////////



   2013年2月01日 金曜日 日経高値更新、54年ぶり12週連続上昇だった。



2013年2月01日 金曜日 米雇用統計前 為替は、15時  

ダウ49ドル安、 日経52円高、TOPIX 2.40高、 MTU 6円安、トヨタ 130円高 
ブリヂスト12円高、 SB 185円高、 ユニクロ 770円高、コマツ35円高  

ダウ      日経     TOPIX    ドル円    ユーロ円   E-USD  
13860ドル  11191円    942.65    92.24円   125.63円   1.3618  

日経売買高    売買代金   騰落レシオ ドル円60ヶ月MA   ボリバン週足 
36.90億株    2.32兆円   141.14      
…………………………………………

MTU   トヨタ    Br 5108   SB 9984   ユニクロ9983   コマツ  
515円   4495円   2405円    3445円     24850円    2470円  

6.92    2.08     0.96      3.63      0.13      1.50 

   一般信用と制度信用の合算だ。一週間前のデータだ。





MTU  6円安の515円、  信用倍率 6.92
SMBC 15円安の3655円、 信用倍率 2.53   
みずほ 1円高の184円、  信用倍率 9.38   
野村  14円安の512円  信用倍率  5.99    





ベア1571 40円安、ブル1570 70円高、ETF1321 70円高、
金ETF   15円高、 銀ETF 90円安   、   

ベア1571   ブル1570     ETF1321     金1540    銀1542        

4840円    5700円      111400円     4850円    9070円      

227.08     5.37       1.93       8.57       6.18     





///////////////////////////////////////////////////////////



米国株、ダウ続落49ドル安 雇用統計前で買い手控え、UPS安い
2013/2/1 7:14

   1月31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続落し、前日比49ドル84セント(0.4%)安の1万3860ドル58セントで終えた。1月の米雇用統計の発表を1日に控えて様子見ムードが強まり、利益確定や持ち高調整を目的とする売りに押された。物流のUPSなど一部の米主要企業の四半期決算が低調な内容となり、投資家心理を冷やした面もあった。

 朝方発表の米新規失業保険申請件数が前週比で増加したことも、相場の重荷となった。1月の米雇用統計には直接影響しないが、雇用の回復ペースが鈍いとして雇用統計への警戒感につながった。

 ただ、ダウ平均は上げに転じる場面もあった。午前発表の1月のシカゴ購買部協会景気指数が前月から大幅に上昇し、市場予想も上回った。米景気が回復している証左として、買いの勢いを一時的に強める要因になった。

 ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日続落。0.18ポイント(0.0%)安の3142.13で終了した。

 業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「素材」や「エネルギー」、「一般消費財・サービス」など7業種が下落した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約9億3000万株(速報値)、ナスダック市場は約21億1000万株(同)だった。

 UPSが下落。化学のダウ・ケミカルも10~12月期に最終赤字に転落し、売りに押される展開になった。石油のシェブロンやエクソンモービルが下落した。

 前日夕に減益決算を発表した交流サイト(SNS)最大手のフェイスブックは小幅安だった。大幅下落して始まった後、下げ幅をじわりと縮小。上昇へ転じる場面もあったが、取引終了時点では売りがやや優勢だった。

 一方、増益決算を発表したクレジットカードのマスターカードが上昇。決算が収益の改善を示した通信機器部品のJDSユニフェーズが大幅高になった。

 1月のダウ平均は前月末に比べ5.8%上昇した。月間の上昇率としては2011年10月以来、1年3カ月ぶりの大きさ。1月としては1994年以来、19年ぶりの大きさになった。





東証大引け、円安進行で昨年来高値 54年ぶり12週連続上昇
2013/2/1 15:17

   2月入りとなった1日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸。終値は前日比52円68銭(0.47%)高の1万1191円34銭で、連日で昨年来高値を更新。2010年4月27日(1万1212円)以来、約2年9カ月ぶりの高い水準を付けた。外国為替市場で円相場が下げ幅を拡大したことを受けた買いが先行。日経平均は週間で264円上昇し、12週連続で上昇。「岩戸景気」の1958年12月~59年4月にかけての17週連続に次ぐ54年ぶりの記録となった。1ドル=92円台前半と約2年8カ月ぶりの安値を付けた後場は、株価指数先物への仕掛け的な買いも膨らみ、上げ幅を100円近くまで拡大する場面があった。トヨタが売買を伴って上昇し、昨年来高値を更新した。

 円安が加速した中でも、後場中ごろからはやや伸び悩んだ。主要企業による今期(2013年3月期)業績予想の下方修正が目立っており、手放しの買いに対する慎重な雰囲気を誘ったという。市場では「株、円とも一方的な値動きに対する警戒感や、1月米雇用統計の発表を控えることも上値を重くした。円の動向次第だが、来週は多少の調整も考えられる」(証券ジャパンの大谷正之調査情報部長)との声が聞かれた。

 東証株価指数(TOPIX)も4日続伸し、連日の昨年来高値。

 東証1部の売買代金は概算で2兆3224億円と、株価指数先物・オプションの特別清算指数(SQ)算出日を除くと2011年3月17日(2兆5977億円)以来の大商い。売買高は36億9058万株。東証1部の値上がり銘柄数は860、値下がり銘柄数は719、変わらずは117だった。

 前日の大引け後に決算を発表した銘柄のうち、ソフトバンクが売買を伴って上昇し、昨年来高値を更新。オリックス、NECも高値を更新した。一方、ホンダは下げる場面があるなど上値が重かった。野村、京セラ、TDK、資生堂、ガイシが売りに押された。取引時間中の決算発表銘柄はデンソー、神戸鋼が上昇し、三菱商が下落した。
 〔日経QUICKニュース(NQN)〕
[PR]
by trade328 | 2013-02-01 19:46