ドル円買いです

101.313円、100.888円で、全力買い注文 2016年11月03日 木曜日 

c0241996_19463940.png
c0241996_19465255.png
c0241996_1947568.png
c0241996_19471964.png
c0241996_19472791.png
c0241996_19474036.png


c0241996_19512618.png
c0241996_19513510.png


c0241996_19481818.png






   2016年11月03日 木曜日 101.313円、100.888円で、全力買い注文だ。



フィボナッチ  ASK  Raチャート

100.098円    →     105.537円
       5.439円
38.2%押し  103.460円
61.8%押し  102.175円
76.4%押し  101.382円  
85.4%押し  100.891円   
 やはり、empiricから考えると
85.4%押し  100.891円で、指値だ。
しかし 買う勇気だ。76.4%押し  101.382円 でも、いいのだ。 
これは、10/16 日曜日のノートと同じだ。



<<<http://osyosy.exblog.jp/26069569/
   2016年9月25日 日曜日  FOMCの日には、起きて、成り行きで買う。指値注文だ。抜けたら買い間違いだ。

99.550円       →    104.340円
      4.790円

23.6%   34  103.209円
     41   102.976円
      48  102.743円
38.2%   55  102.510円
50.0%   72  101.945円
61.8%   89  101.380円
76.4%   110  100.681円
85.4%   123  100.248円


やはり 安値を、当てるのは、無理だった。
100.288円には、行くと考えたが甘かった。
安値は 100.326円だ。
8/26 金曜日の イエレン議長証言の時の
始値は、100.545円だ。
底値を、言い当てるのは、困難だ。
16万9000ドルは、指値 100.388円で、買ったので
満足しろ。
買うことは、誰にもできる。
次は ホウルドだ。110.613円で、売却だ。

   OY掲示板に投稿することは、百害あって一利なしだ。
もう3年間は、しないだろう。
根性を、見せてみろ。ガッツだろう。俺には、出来る。
ドル円 111円代までの、リバウンドを、予想している。
その後、また下落の始まりだろう。
2016/09/22 木曜日 休日 午前7時17分  >>>


A.  D  836万4448円となる。(元は、400だ。レバは、2倍だ。)
8万ドル 101.313円  買い注文 
8万ドル 100.888円  買い注文  逆指値 100.000円   




① Mo 430万4791円となる。(元は、380だ。レバは、2倍だ。)
4万ドル 101.313円  買い注文 
4万ドル 100.888円  買い注文  逆指値 100.000円   

② SUバンク 440万5992円となる。 (元は、410万円だ。レバは、3倍だ。)
4万ドル 101.313円  買い注文 
4万ドル 100.888円  買い注文  逆指値 100.000円   



③ SB 337万3829円となる。(元は、280だ。レバは、3倍だ。)
3万ドル 101.313円  買い注文 
3万ドル 100.888円  買い注文  逆指値 100.000円
 
④ Cy  310万8159円となる。(元は、300万円だ。)
3万ドル 101.313円  買い注文 

⑤ RaFx    208万5963円となる。(元は、160だ。レバは、2倍だ。)  
2万ドル 101.313円  買い注文 
2万ドル 100.888円  買い注文  逆指値 100.000円 

⑥ RaBa   212万2424円となる。 (元は、180だ。レバは、2倍だ。)
2万ドル 101.313円  買い注文 
2万ドル 100.888円  買い注文  逆指値 100.000円 

⑦ Sa   3万6351円となる。(元は、3万円だ。)
3000ドル 101.313円  買い注文 
3000ドル 100.888円  買い注文  逆指値 100.000円 

⑧ Mj   3万5096円となる。(元は、3万円だ。)
3000ドル 101.313円  買い注文 
3000ドル 100.888円  買い注文  逆指値 100.000円 





///////////////////////////////////////////////////////////



<<< バンク ドル円 買い注文 売り注文 FX   
2015年8月11日 火曜日 ハーフセオリーだろう。
なぜそんなに 勝ち急ぐ。              >>>


まず、生き残れ、儲けるのはそれからだ。

   2016年11月03日 木曜日 休日 為替は、15時00分                               

ドル円 102.827円、  ダウ 77.46ドル安の1万7959.64ドル    
日経 307.72円安の1万7134.68円 
………………………………………
売買代金    売買高     騰落レシオ   PER    EPS   
2.20兆円   20.56億株    123.05     円  
………………………………………



ドル円 週足 標準偏差ボラティリティ    2.737  ← まず記載し、考えろ。

ドル円 日足 標準偏差ボラティリティ    0.989     



ネットストック信用取引指標  11/02 

信用残速報    信用残(億円)   評価損益率(%)
売り残       345.16      -8.896
買い残      1,951.37      -9.853
※倍率      5.654倍


米国株、ダウ5日続落し77ドル安 4カ月ぶり安値 大統領選の不透明さを嫌気

2016/11/3 5:40 (2016/11/3 7:32更新)

2日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落した。終値は前日比77ドル46セント(0.4%)安の1万7959ドル64セントと、節目の1万8000ドル下回り、7月7日以来ほぼ4カ月ぶりの安値で終えた。ダウ平均の5日続落は8月上旬にかけての7日続落以来の長さ。8日の米大統領選を巡る不透明感から投資家が運用リスクを避けて株式を売る動きが続いた。

 米大統領選を巡っては、世論調査で共和党候補のドナルド・トランプ氏と民主党候補のヒラリー・クリントン氏の支持率が拮抗している。同時に実施する米議会上下院選も結果は読めず、先行きの政策運営を占ううえで選挙結果を見極めたいとする投資家が増えている。当面の利益を確定する動きが出て相場の重荷となった。

 米連邦準備理事会(FRB)は米連邦公開市場委員会(FOMC)で市場予想通り政策金利の据え置きを決めた。声明は前回の文言をほぼ踏襲し、市場では想定通りとの受け止めが多かった。ただ、声明はインフレ圧力の高まりを指摘したため、年内の利上げの可能性が改めて意識されて売りが膨らむ場面があった。ダウ平均の下げ幅は一時105ドルに達した。

 10月のADP全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数(政府部門を除く)の増加幅は市場予想より小さかった。ただ、9月分が上方修正されており、相場の反応は目立たなかった。

 多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は7日続落し、13.78ポイント(0.7%)安の2097.94と7月7日以来の安値で終えた。7日続落は2011年11月下旬以来ほぼ5年ぶりの長さとなる。

 ナスダック総合指数は7日続落し、48.011ポイント(0.9%)安の5105.566と7月25日以来の安値で終えた。7日続落は4月下旬の7日続落以来の長さ。

 業種別S&P500種株価指数では全11種が下落。「不動産」や「公益事業」のほか「電気通信サービス」の下げが目立った。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約12億6000万株(速報値)、ナスダック市場(同)は約20億6000万株だった。
[PR]
by trade328 | 2016-11-03 18:00 | ドル円買い注文