ドル円買いです

2013年11月13日水曜日 ドル円 98.313円で、買い注文

c0241996_20115342.png
c0241996_2012288.png
c0241996_20121698.png
c0241996_20122461.png
c0241996_20123443.png
c0241996_20124227.png




   2013年11月13日水曜日 ドル円 98.313円で、買い注文だ。
今日は、データは、なしだ。明日は、イエレンのボケの議会証言がある。
おそらく ホテルカリフォルニアで、ドル円下がるのだろ。



96.938円      →       99.801円  
          2.863円

50.0%押し     98.369円
   77.66666   98.257円
   83.33333   98.144円
61.8%押し     98.031円



<<< http://trade111.exblog.jp/20932816/
   2013年11月12日火曜日 ドル円Cy少額勝った。勝ち癖をつけることだ。
明日は、ドル円下がるだろう。なぜなら、2部指数、Br 全然上がっていないのだから、
ドル円下がるはずだ。今日、今は、少額勝ちで、また、ドル円 下値で、3万単位を、
買い注文だ。ドル円 8時間足のチャンネルを、すぐ上抜けるとは、思いもしなかった。
11月12日火曜日 18時20分 3万単位 逆指値99.633円を、RTP99.707円で、
売却した。1320円勝った。
Cy 72万4831円が、72万6151円となる。
Mo 68万4855円となる。
Sa 25万3068円となる。 >>>





① Cy  72万6151円あり。
3万単位  98.313円   買い注文
1000単位  98.213円   買い注文  
1000単位  98.113円   買い注文
1000単位  98.013円   買い注文



② Mo 68万4855円あり。
3万単位  98.313円   買い注文



③ Sa 25万3068円あり。
1万単位  98.313円  買い注文
1000単位 98.113円
1000単位 97.113円
1000単位 96.113円





米国株、ダウ反落32ドル安 ナスダックは続伸、様子見でもみ合い
2013/11/13 7:26

   12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに小反落し、前日比32ドル43セント(0.2%)安の1万5750ドル67セントで終えた。売り買いともに材料に乏しく、前日終値前後でのもみ合いを続けた。前日に過去最高値を更新した後だけに、終値時点では利益確定売りが優勢だった。

 欧州の株式相場の下落を受け、運用リスクを回避する動きが先行。米株式相場が高値圏にあるため利益確定の動きが出やすかった。ただ、下値を売り込むほどの決め手にも欠け、取引終了にかけて下げ幅を縮小した。

 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が13日に講演し、オバマ大統領が次期FRB議長に指名したイエレン副議長は14日に議会公聴会へ出席する。米金融政策に対する関心は依然として高く、発言内容を見極めたいとして様子見ムードも強かった。

 ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は小幅ながら3日続伸した。前日比0.13ポイント(0.0%)高の3919.92で終え、2009年9月8日以来の高値を連日で更新した。

 業種別S&P500種株価指数(全10業種)は「金融」や「公益事業」など6業種が下落。「IT(情報技術)」や「電気通信サービス」などが上げた。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約6億5000万株(速報値)、ナスダック市場は約17億2000万株(同)だった。





東証大引け、小反落 短期的な過熱感を警戒、利益確定売り優勢に
2013/11/13 15:37

   13日の東京株式市場で日経平均株価 は小反落。終値は前日比21円52銭(0.15%)安の1万4567円16銭だった。前日までの2日間で500円超上昇していたことから、短期的な利益を狙う投資家などによる利益確定目的の売りがやや優勢だった。ただ、10月の雇用統計が予想を大きく上回るなど米景気が堅調であることから円相場の一段の下落を期待する向きも多く、日経平均の下値は限られた。

 朝方から利益確定売りが先行した。短期的な相場の過熱感に加え、米国市場でダウ工業株30種平均が反落したことを受けて売りが優勢になった。日本時間14日朝に米連邦準備理事会(FRB )のバーナンキ議長の講演、15日未明に次期議長に指名されているイエレン副議長が出席する米上院銀行委員会の公聴会を控え、投資家が買いを手控えたとの見方もあった。

 もっとも市場では「円安傾向が続いていることもあって、前日までの上昇幅を考えれば日経平均の下げ幅は小さかった」(国内証券会社のストラテジスト)との見方が多かった。内閣府が13日に発表した9月の機械受注は、民間設備投資の先行指標 とされる「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整 値)は前月比で減少したものの、2カ月連続で8000億円台に乗せた。「企業の投資意欲は回復しつつあるとの見方から機械株などに買いが入った」(岡三証券の大場敬史シニアストラテジスト)との指摘もあった。

 東証株価指数 (TOPIX)は反落。業種別TOPIXは全33業種中15業種が下落した。「海運業」「建設業」「保険業」などの下落幅が大きかった。

 東証1部の売買代金は概算で2兆10億円、売買高は26億7749万株。東証1部の値下がり銘柄数は931、値上がり銘柄数は685、変わらずは141だった。

 日経平均への寄与度 が大きいKDDI やソフトバンク が売られた。信越化 、日東電 、コナミ も下げた。一方でファナック やファストリ が上昇した。電通 やソニー 、京セラ も買われた。

 東証2部株価指数は続伸。Jトラスト 、AGCap 、長大 、不二サッシ などが上げた。一方で朝日インテク 、ヒラノテク 、マミヤOP などが下落した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



c0241996_20133585.png
c0241996_20134638.png
c0241996_20141543.png
c0241996_20142315.png
c0241996_20143296.png

[PR]
by trade328 | 2013-11-13 20:14 | ドル円買い注文